生活保護申請を行うために知っておくべき事柄をご紹介

生活保護申請はどうやってするの?

おんぶをして歩く

会社で解雇された、病気になって仕事をすることができなくなったなどの場合、家族などにも頼ることが難しいときには、
生活保護の申請も念頭におかれると良いでしょう。現住所のある市役所や区役所などの行政機関に福祉サービスを担当する課が必ずありますので、
そちらで相談にのってもらえます。現在の状況を伝えた上で、生活保護申請が妥当であると判断された場合は必要書類(生活保護申請書・収入申告書や資産申告書・本人確認書類・健康保険証・印鑑など)を提出します。もし病気などで仕事ができない場合は医師の診断書なども必要になる場合があります。
その後大体2週間から1カ月ほどで申請の結果通知が配達されてきます。
その際に生活保護申請が許可されれば、申請した日日まで遡って保護費が支給されるようになります。
その後は毎月決まった日に保護費が支給されます。保護費の内容としては家賃にあたるものと、生活費全体にあたるものがあります。
また、この保護費とは別途に医療機関にかかる場合は、医療券というものが発行され無料で通院も可能となります。
介護が必要な人の間合いも同様に無料で介護サービスが利用できるようになります。
このように生活保護申請をすることにより、実際の生活を立て直すことに役立ちます。

生活保護申請をする上での注意点

世の中には、病気や怪我によってある日突然仕事ができなくなり、収入が確保できなくなってしまう人もいます。こうした生活のトラブルを解決してくれるのが生活保護制度です。生活保護とは文字通り何らかの事情で就業ができない人に対して国が生活の援助をする制度のことを言います。
生活保護申請は住んでいる自治体の窓口に足を運び、書類を提出した後に行われる審査で問題ないと判断されて初めて受給することができます。
生活保護申請を行う上で注意しなくてはいけないのが生活水準です。生活保護の審査では収入や貯金、借金の有無など細かくチェックが行われます。特に重要となるのが財産や借金の有無です。例え就業ができない状態であっても、車や家といった財産になるものを所有していると貧困ではないと判断されてしまいます。受給されたお金は最低限の生活をするために使うことが基本となるため、借金の返済に充てることは認められていません。そのため、消費者金融などで借金をして債務が残っている状態で生活保護申請をすると断られてしまうことがあります。
そのほか、家族や親戚など面倒を見てもらえる人間がいると判断された場合も審査に落とされてしまうため、申請の段階で担当者に家族との関係について話をしておくことが大切です。

生活保護申請に必要な書類と手続きをスムーズに進めるコツ

日本では、病気や怪我などの身体的な理由で仕事に就くことができなくなった人を救済するための生活保護という制度が設けられています。生活保護は国が止むを得ない事情で仕事ができない人や収入が少なく生活が困窮している人を救済する目的で作られた制度なので、事前に申請を行って審査に通ることが最低条件となります。生活保護申請は住んでいる地域を管轄している自治体の窓口に足を運んで所定の書類を提出し、その書類を基に審査を行って資格の有無を判断するというのが主な流れです。
生活保護申請で提出する書類は、基本となる申請書と本人証明書の2つになります。そのほか、自治体によっては申請をする時点での収入や資産状況が分かる書類などの提出を求められるケースも少なくありません。必要な書類を全て提出しなければ手続きを進めることができないので、事前にホームページなどで確認しておくことが大切です。個人ではなく世帯として生活保護申請を行う場合には、賃貸物件の契約書、介護を受けている人は介護保険の書類なども合わせて提出しておくと手続きがスムーズに進みます。
生活保護は厚生労働省が定めている最低水準から収入を差し引いた金額が支給されるため、収入が最低水準を上回っていると審査に落とされてしまうので注意が必要です。

更新記事

イチオシ記事

2020年11月05日
生活保護申請する前に知っておきたい受給中に出来ない事を更新しました。
2020年11月05日
生活保護申請には条件がある!を更新しました。
2020年11月05日
生活保護申請をして受理された場合に受け取れる金額とはを更新しました。
2020年11月05日
生活保護申請をするとどうなる?申請後の生活は?を更新しました。
TOP