生活保護申請を行うために知っておくべき事柄をご紹介

生活保護申請をするとどうなる?申請後の生活は?

悩むおじいさん

生活保護申請は、申請に必要な書類はもちろんですが、生活保護申請の対象かどうかをそこで決めるわけではありません。初回は相談で、生活保護の説明を受け申請の手続きに入ります。生活保護申請後ですが、担当の方が自宅に来て、通帳の残高、処分できる家財や貴金属がないかなどチェックします。例えばパソコンがあれば、どうして必要なのかなども聞かれます。生活保護申請をすると、すべてを包み隠さず伝えることで担当の方への信頼もでき、申請へとスムーズに進めることができます。通帳の記帳・現在財布に入っている金額・就労状況・借金はどのくらいか・国民健康保険の納付状況・月々の携帯料金など、先に準備できるものは準備しておくとスムーズです。申請後の生活ですが、受給金額は、その土地の価値や自分の年齢などで変動があります。子供の有無・障害・配偶者の有無・家賃など総合で判断されるので、地域差がありますが、月々生活に必要な金額は受給できるでしょう。生活保護の受給が決まると、控除されるものが多く、その手続きを自分ですることになります。生活保護の受給までは、短期間の場合は約2週間くらいで決まります。これから生活保護申請を考えている方の参考になれば幸いです。

更新記事

イチオシ記事

2020年11月05日
生活保護申請する前に知っておきたい受給中に出来ない事を更新しました。
2020年11月05日
生活保護申請には条件がある!を更新しました。
2020年11月05日
生活保護申請をして受理された場合に受け取れる金額とはを更新しました。
2020年11月05日
生活保護申請をするとどうなる?申請後の生活は?を更新しました。
TOP